スイングアーム | ヴィレットパーツ・スイングアーム Wheelie ウィリー

スイングアーム

SWING ARM

スイングアームを「カッコよく!」
スイングアームは正確な装着をすることにより性能をフルに機能します。
見た目のカッコよさだけに捉われず、ぜひ確実な装着を!
それには「ブレーキパーツなどをボルトオンで装着させるホイール選び」が重要です。

  スイングアーム

※一例 GPZ900Rの場合

⚪F・R共にZRX1100のホイール、ステム一式を使用することにより、特注品のキャリパーブラケット等を使用する事なくボルトオンで装着が可能です。
(ただしZRX1100ノーマルステムの場合、ハンドルロックが無効となります)
前後共にZRX1100のホイールを使用すれば、ブレーキ周りの豊富な社外パーツを使用することが可能になります。

⚪ZRX1100のRホイールを使用する場合、15mm+のオフセットフロントスプロケットを用いればチェーンラインが正確に出ます。
(GPZ900Rノーマルエンジンの場合です。またサイドスタンド左のステッププレート取り付け部分の加工が必要です)
(ZRX1100・ZRX1200用エンジンに換装した場合はオフセットフロントスプロケットを用いる必要はありません)

上記同様に、CB750F、CB1100F、刀1100なども、カスタムを開始する前に「チェーンラインの合う」ホイールを選ぶ事が大切です。

  スイングアーム
なんとなく手に入れたホイールを切削などをして使用することは、長い目で見れば「高くつく」事になります。
また、ツインショック車両の場合、 L・Rの幅が均等なスイングアームを装着すれば、後ろからの見た目もカッコよく仕上げることが可能です。

スイングアーム・ビレットパーツ等、バフ仕様の商品をご購入のお客様へ
スイングアーム・ビレットパーツ等、バフ仕様の商品をご購入のお客様へ
バフ仕様の商品は、アルミニウム素材をバフ掛けし表面を磨いただけの処理の為、空気に触れるだけでも酸化し白くなりやすく、また雨天走行での湿気や、海岸に近い道を走ると空気中の塩分により白く錆が出やすくなる為、USA 製品のモーターサイクル ALL METAL POLISH などを使い、柔らかい綿で拭く事により酸化を防ぎバフ掛けの綺麗さを保つ必要があります。(他、ブルーマジック・マザース等)
また、屋外でボディーカバーをご使用の場合には、水分がボディーカバー内にたまり湿気により錆が出やすくなります。
オーナー様で十分な注意のもと管理され、格好いいバイクをいつまでも綺麗に保っていただけると幸いです。

ビレットパーツのアルマイト仕上げの場合は、塩分が多くない限りは錆の出ることは少ない為、アルマイト仕上げを推奨します。
(※バフ仕上げと同じ輝きのアルマイトはできません。)
スイングアームの場合、アルミは基本的に極めて薄い腐食層が出来、腐食の進行を防いでおりますが、バフ仕上げで表面処理(アルマイト・ペイント)を行わない場合、水濡れなどでその腐食層が破壊され進行し応力腐食割れ(クラック)が発生する場合があります。(特に表面処理を行わず水分等が付着する場合に発生します。)
よって、製作時より被膜の薄い一液ガン塗り焼付ペイント又は、アルマイト処理を推奨しております。
スイングアームグリース 散布

カワサキZRX1100・1200/DAEG、ゼファー1100ZZR1100ーD、ZZR1200等のピボットベアリングソースUPの作業見本

スイングアームグリース 散布
スイングアームグリース 散布(2)

カワサキZ系、ヤマハXJR1200.1300等のピボットベアリンググリースUPの作業見本

スイングアームグリース 散布(2)
page-top